ファミリーマンションの売却で最高値でマンションを売る方法

家族向けのファミリーマンションの売却でなるべく高値で売るにはこの方法が最良です。もし高値で売却をしたいのであればまずは確認してください。
MENU

ファミリーマンションの売却をお考えの方へ

ファミリーマンション

今まで住み慣れたマンションを手放すことになった。
ファミリーマンションの売却をお考えの方はなるべく高値でマンションを売りたいですよね。

 

希望価格で売却もしくはそれよりも高値で売却することができれば、マンション売却が成功と言えます。
特にファミリーマンションをお持ちの方でこれから売りたいという方であればまずはこちらを確認してください。

 

ファミリーマンションを売却しようと思ったらまずは、一番最初に購入した不動産会社に相談などを思い浮かべませんか?
でもちょっと待ってください。
そこだけにしてしまうと、本当はもっと高値で売れたのを安く売却してしまう可能性があります。

 

【特定の不動産業者にしてはいけない理由】
当時付き合いのあった不動産会社の経営が当時よりも悪く、新規の不動産会社よりも弱い
当時の営業マンはとうの昔に退職していて全く関係のない担当者が対応するためそこでのメリットがない
その地域で強い不動産会社を知ることができず1社のみの売値になってしまう

 

 

 

ファミリーマンション売却の流れ

 

ファミリーマンションを売却する際は事前に不動産売却の流れについて知っておきましょう。流れを知っておくことで次に何をすればいいのか迷わずに済むので、ここで流れについて紹介します。
ファミリーマンションの売却にははまず売却額の相場を知ることから始まります。土地や周辺の環境など、そのあたりの売却額の相場を知りましょう。調べてみると出てくるので、大体これくらいの額ということを知っておけばOK。
相場を知ったら次はご自身のファミリーマンションの査定をしてもらいます。査定は直接不動産に行ってお願いしても良いですが、複数の不動産に査定をお願いすることもおすすめ。
複数の不動産にお願いする場合は不動産売却一括見積のサイトが役立ちますので、サイトに登録して複数の業者に査定額を送ってもらうと良いでしょう。
良い不動産が見つかったら不動産売買を行うために媒介契約を結びます。媒介契約後は不動産業者が不動産を宣伝し始めるので、その間はすることはなく、待つこととなります。
購入したいという人が現れたら不動産を仲介にし、買う側と売る側の条件を提示してお互いが納得のいく契約を結びます。契約が成立したら買う側が入居希望日を伝えてきますので、それに間に合うように建物から退去しましょう。
難しいことも多々ありますので、仲介を依頼する不動産は信頼できる所を選ぶことが大切ですよ。

ファミリーマンション売却一括査定のメリット

所有しているファミリーマンションを売却したいと思ったら、まずは不動産業者に所有する物産がどれほどの価値があるのかを査定してもらう必要があります。査定してもらってどれくらいの価値があるのかを知り、それを知ってファミリーマンションを売るという流れになるのです。

 

この査定ですが、不動産業者によって大きくファミリーマンションの査定額が変わることもあります。そのため初めから一件だけに査定をお願いするとこだわらず、いくつかの不動産に査定をお願いしてファミリーマンションの売却額の相場を知ると良いでしょう。
そうはいっても一つ一つ不動産業者にお願いして査定してもらうのはとても大変な事。手間もかかりますし、不動産業者の選定にも時間がかかってしまいます。

 

そんな手間を防ぐのが不動産売却一括査定サイトです。

 

情報を入力することでサイトに登録している業者が一括で査定額を教えてくれるので、一つ一つに査定をお願いしていく手間がないのです。
また一括で知ることができるので、情報をまとめるのにも便利ですね。
ただ不動産業者は大手・中小を合わせるとかなりの数になります。一括査定してくれる不動産業者が必ず良い業者とも限りませんので、一括査定サイトを利用する場合は優良サイトで行うようにしましょう。
実際に利用した人の口コミで判断することもおすすめです。

ファミリーマンション売却におすすめの一括査定サービス

ファミリーマンションをなるべく高値で売るには一括査定サイトを利用するのがおすすめ以下をご参考ください。

 

home4u

HOME4Uの特徴

HOME4UはNTTデータが運営する大手の不動産サイトで、不動産売却・賃貸経営・賃貸検索など様々なサービスを提供しているサイトです。ホームページには不動産に関するコラムがありますので、初めての利用者でも安心。 不動産売却を希望する人は査定の一括依頼もできるからとても便利。不動産関連のお悩みをまとめて相談できます。

価格 査定0円
評価 評価5
備考 エリアカバー率が他の査定サイトよりダントツに広い

マンション.navi

マンション.naviの特徴

不動産売却の査定を一括でしてくれるマンション.navi。マンション.naviに登録している不動産は売却を得意とする不動産ばかりなので、安心して査定をお願いできますよ。 首都圏はもちろん、全国どこでも査定可能なので、住んでいる地域を問うこともありません。マンション売却マニュアルも用意しているから初めての利用でも安心です。

価格 査定0円
評価 評価5
備考 最大9社を一括査定して比較。最大10万円の金券がもらえるキャンペーンもあります。

イエウール

イエウールの特徴

イエウールはイエウール独自の審査を通過した優良不動産のみが登録可能な一括査定サイト。一度に最大6社まで査定をお願いできるから、安心して売却をお任せできる不動産に出会えますよ。 全国対応で北海道から沖縄まで査定可能なので、何処に住んでいても問題なく査定可能。初めての利用でもサポートがあるから、わからない事が多くても問題なく売却まで行えまます。

価格 査定0円
評価 評価4
備考 簡単60秒の入力で最大の6社へ一括査定

イエイ

イエイの特徴

日本最大級の不動産売却専門サイトのイエイ。ダイワハウスや大東建託など大手の不動産が登録しているから、売却査定も安心してお任せできます。ホームページには最短60秒でできる簡単売却額診断もあります。 サポート体制も万全なので、わからないことがあればいつでも聞くことができます。査定申し込みから売却まで一切料金がかからないサイトです。

価格 査定0円
評価 評価3
備考 最大6社の査定結果が即日分かる

ファミリーマンションの売却の際用意するモノ

ファミリーマンション

ファミリーマンション売却の際は売る際に必要な物が多くあります。書類関係がほとんどですが、漏れがあると後々になってバタバタとしてしまうので早い段階から用意できるものは用意しておくと良いでしょう。

 

まず必要なのが身分証明書と住民票と印鑑証明です。

 

住民票と印鑑証明は発行日から3か月以内のものを提出しましょう。次に登記済権利書。これは不動産を売る人がその土地の所有者であることを証明する書類です。
必ず必要なものなので、早めに用意しておくようにしましょう。

 

次に固定資産税等納税通知書。

これは納税額の確定などに必要な書類なので、これも早めに用意しておくと良いですよ。
次に土地測量図・境界確認書。これはどこからどこまでの土地が所有する土地なのかを確認する書類で、売却額に関わる書類です。

 

次に建築確認通知書・検査済書。

売却するファミリーマンションが建築基準法を満たしている物件かどうかを証明する書類です。

 

次に銀行口座の書類。

売却金の振り込みなどに必要となります。

 

次にローン残高証明書。

ローン返済中のみ必要となります。他にも耐震診断報告書・購入時のパンフレットなどがあると購入者に喜ばれるでしょう。
ファミリーマンションを売却する場合はファミリーマンション規約や維持費に関する書類があると良いですね。用意するものはとても多いので、早めから準備しておきましょう。

ファミリーマンションの売却にかかる税金は?

 

ファミリーマンションを売却するときは購入時と同様、様々な税金が必要になります。ファミリーマンションを売却すると利益が出ると思いますが、この利益は譲渡所得という物になります。

 

譲渡所得には所得税と住民税が発生しますので、これが必要な税金となります。この税金は売却時に得ることができる利益によって費用が変わります。

 

譲渡価格?(不動産の取得費用+売却費用)の計算で出すことができますので、費用を算出してからこの計算式で譲渡所得を調べましょう。

 

そしてマイホームのファミリーマンションや居住用の不動産を売る場合は3000万円の特別控除を受けることができます。この3000万円は譲渡所得から差し引くことができるので、マイホームや住居などのファミリーマンションを売却するのであれば必ずこの控除を受けましょう。

 

譲渡所得が低くなればなるほど税金も安くなるので、支払う額が少なくなって得ることができる利益が多くなりますよ。

 

ファミリーマンションなどの不動産を売る場合、住んでいる地域によっても違いますが、査定してもらう不動産によっても変わります。ファミリーマンション査定の際は複数の不動産にお願いし、一番高値で売却してくれるところにお願いすると良いでしょう。
高値な分税金も高くなってしまいそうですが、特別控除があることを考えれば高値で売却してもらった方がお得ですよ。

ファミリーマンション取引の仲介手数料

 

ファミリーマンションの取引をする時、仲介として不動産業者に入ってもらうこともあると思います。仲介に入ってもらって売買契約を完了すれば、仲介した不動産業者に仲介手数料を支払わなければなりません。

 

仲介手数料は上限が決められていますので、その上限内であれば仲介した不動産業者が決める事ができます。業者が事前に%を決めていると思うので、何%の仲介手数料が発生するのかを確認してから仲介をお願いすると良いでしょう。

 

手数料の上限は200万円の場合は取引額の5%
200〜400万円の場合は取引額の4%、400万円以上の場合は3%となっています。

 

仮に取引額が1000万円だったとすると、1000万のうちの200万までが5%、400万円までが4%、1000万円までが3%取られます。
200万までが10万円、200〜400万円までが8万円、400〜1000万円までが18万円という計算です。これを合算した36万円が仲介手数料となります。

 

この計算では手数料の上限で計算しているので、これより安い場合もあります。安く収めたい人は手数料の%を低く設定している不動産業者を探してみると良いでしょう。
またこの上限の%を超えた額を請求してくる不動産業者もいますので、そういった不動産業者に引っかからないよう注意してくださいね。

このページの先頭へ